分析って難しいことのように思いますが、いろんなところで分析の目を持てば、興味深く思えることが増えたり、

ちょっとした工夫ができるかもしれません。

そして、身近な「なぜ」を考えること、それが分析の目を持つことです。

 

 

お堅いことばかりではなく、少し砕けたお話です。分析のお話ではなく、私たちがほっと一息つけることのコラムです。