「あなりす(Analys)」とは、スウェーデン語で解析を意味します。



化学分析支援のご相談例

  • 今までほっておいた問題解決をしたい。
  • 材料が何か知りたい。
  • 材料供給元を変更したが、以前と同じものかどうか確かめたい。
  • 「製品の中に異物が混入している」とのクレームが来たが、異物が何なのかをつきとめたい。
  • 良品と不良品の違いを知りたい。
  • 製品の変色や劣化の原因を知りたい。
  • 樹脂の配合比率を管理したい。
  • コストダウンの為に変更した材料が変更前の材料とどのように違うのか知りたい。
  • 分析を外部委託したが、委託先から返ってきた分析結果をきちんと理解したい。
  • 分析結果を顧客に説明しなければならないが、相手に理解してもらえるか不安がある。
  • 分析機器は持っているが、うまく活用できていないので使いこなしたい。
  • 分析部門をつくりたいので、これから人材育成を進めたい。
  • 分析が自分たちの業務にどのように役に立つのか知りたい。
  • 分析の知識を身につけたいが何から始めていいかわからない。
  • 分析がわかる人材を育てたいが、どのような教育をすればよいのかわからない。
  • ダイバーシティー、バリアフリー対策として分析の仕事を試してみたいが、可能性について迷っている。
  • 自社独自のセミナーをお願いしたい。
  • FT-IRを使いたい。使えるようになりたい。

   お客様とのコミュニケーションを通じて、問題点を明確化し、解決をお手伝いします。

 「なぜ」「どうして」を一緒に考えてきませんか。

 お電話あるいは「お問い合わせ」からご連絡下さい。 


キャリア支援のご相談例

 

個人からのご相談】

  • 「こうあるべき」に息苦しさを感じている。
  • 人事や会社の面談では言いにくいことがある。
  • キャリアについて悩んでいる。
  • 何かわからないが、もやもやしている。
  • 転職しようかどうか迷っている。

【セルフキャリアドック】(企業からの相談)

  • 女性の活用が上手くいかない。
  • 雇用継続年数10年以上の方の割合が少ない。
  • 人材を育てていきたい。
  • 職場の雰囲気が悪く、売り上げも伸びない。

個人が自分らしく活き活き輝けることができ、企業と個人の幸せな関係を作っていくお手伝いをしたいと思っています。