会社概要


  

   会社名        : あなりす

   代表者        : 岡田きよみ

   設立                        : 2018年4月1日

   所在地        : 大阪府茨木市

   主な事業内容     : 分析に関するコンサルタント

                主に FT-IR を用いた受託分析

                分析関係の各種セミナー

                                                    分析担当者(専門家)の育成

          


私たちの考える分析

 

分析は難しくてわからない、ハードルが高い、と思われる方も多いようです。しかし、少しトレーニングをし、ちょっとしたコツさえ知れば簡単にできることがたくさんあります。また、分析の過程で必要となる解析も化学を知っていなければできないというものではありません。

高価な分析装置を使用して、難しい解析をすることだけが分析ではありません。私たちは、それぞれの場面に応じて簡単にできる分析方法を見つけ、問題解決していくことをお手伝いしたいと考えています。

「分析」とは、換言すると「なぜ?をつきつめること」であり、それは、誰もが日常生活において「なぜ」の答えを見つけるために様々な知識を結びつけて考えていくことと同じです。

例えば、会社で異物が混入し、クレームが発生した場合、営業部門と生産開発部門および分析部門が情報を共有し、原因特定して問題を解決していかなければなりません。

 

「あなりす」では、皆様の「なぜ?の答えを見つける」ために、コミュニケーションを重視し、分析に関する知識を提供していきます

 

  


あなりすの想い

 

「あなりす」の中心にあるのは“自立”への想いです。

 

男性だから女性だからと、性別による枠や制限を体験し、「どうしてだろう?」と疑問に思っていたこと、

養護施設を題材に“自立”の重要性について書かれた本「しいのみ学園」を読んだときの感動がずっと頭の片隅にあったこと、

大学の実習で、手に障害のある方が足だけで自分よりもずっと上手にPCを使っているのに 就職先がないことを知ったこと・・・

そんな経験が“自立”への想いに繋がっています。

 

「あなりす」が培ってきた分析に関する知識と技術を“自立”を目指す方々や企業の手段のひとつにしてもらいたい。

そして、ここで得た知識と技術を発展させて、あらたな成長へとつなげてほしい。

 

一人一人が“自立”をすること。

それが、「努力したものが報われる社会」・「誰もが自己実現できる社会」・「より多くの人が幸せを感じる社会」を実現する第一歩になればいい。

 そう信じて「あなりす」は活動しています。


代表紹介

 

岡田 きよみ 

  

 (学歴)

大阪大学 基礎工学部 化学工学科卒業 

仏教大学(通信)社会福祉学部卒業 

京都工芸繊維大学博士後期過程卒業(工学博士)

  (職歴)

王子ホールディングに勤務し、主に、画像用感熱フィルムの開発および分析業務担当。

株式会社パーキンエルマージャパンにて、分子分光シニアスペシャリストとして活躍。

現在、京都大学 工学研究科にて、セルロースナノファイバー関係の研究員として勤務。

 

(自己PR)

大阪のおばちゃんのようにセンスよく、逞しく、粘り強くなりたいと思っています。

理系と文系を分ける、分野でわける、など、物事すべてを縦割りで考えるのが大嫌いです。

常に幅広い眼を持ち、異なる分野に分類されている物事の関連性を見出す事で、新たな可能性を発掘していきたいと思っています。